JetB株式会社

なぜ、広告・SEO業者に頼らないべきなの?

更新日:2016.06.08

なぜ、広告・SEO業者に頼らないべきなの?

更新日:2016.06.08

広告費合戦では大手に対して勝ち目がない。

 

広告がいけないわけではありません。

 

むしろ資本が潤沢な企業は広告をたくさん打てばいいと思います。

 

しかし、中小企業・個人事業主様の場合は、広告で反響獲得するのは非常に難しいのが実際のところです。

 

WEB上は大手を含めた広告費合戦に必然的に巻き込まれてしまいます。

 

リスティング広告を例にとって見ても、オークション制で表示位置が決まり、クリック単価を高く設定したサイトから目立つようになっています。

 

この原理はどこも同じで、楽天などのモールも、ポータルサイトでもそれぞれ広告プランがあり

 

当然、「お金かけたもの勝ち」の原理が働いてます。

中途半端な広告予算では、費用をドブに捨てるような結果になりかねません。

 

中小企業を対象とした、広告・SEOに関する意識調査がそのことを物語っています。

下記は、中小企業・個人事業主を対象にしたWEB広告やSEO対策の意識調査です。

 

%e8%b3%87%e6%96%99%e6%94%b9%e5%96%84%e6%a1%88%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%92%ef%bc%98%e5%b9%b4%ef%bc%97%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%91%e6%97%a5-jpg-1687x1265

 

図はCAテクノロジー社が行った意識調査結果です。

 

効果が「わからない」を含めるとおよそ92%の企業が、費用対効果を実感できていないという調査結果になっています。

 

WEBサイト、ネットショップを立ち上げても、何もしないことには、反響はあがりません。当然何かしらの集客対策が必要になってきます。しかし、ほとんどの広告・SEOには契約期間があり、費用対効果が出なければ、契約期間終了とともに打ち切りになってしまいます。

 

後には何も残りません。そのため

 

限られた予算で広告などを打つ→費用に対して見合った反響が上がらない→WEB集客をあきらめてしまう。

 

というようなスパイラルに陥ってしまう事業者様が多いのが現状です。

 

実際過去に、広告やSEOで失敗された方体験談

 

弊社クライアントの例で見ていきましょう。

 

高間商店様は、過去にSEO対策、リスティング広告、メルマガ広告、クリック課金型メルマガ広告、サンプル提供プロモーション、ケーブルテレビでの動画広告など、さまざまな集客サービスを試されたということです。

 

結論、すべて赤字で終わってしまったということでした。

 

詳しくは以下の動画を再生してください。

 

 

なぜ、効果の高い広告が少ないのか

 

その理由はIT業界の構造にあるのかもしれません。

 

IT業界は、大手対象のサービスを提供する会社と、中小企業・個人事業主を対象とする会社が分かれており、大企業向けを「エンタープライズ(Enterprise)」といい、中堅・中小企業を「SMB(Small and Medium Business)」と呼びます。

 

結論をいってしまうと

 

中小・個人事業主向け(SMB)業界には本当に効果が出る広告や、SEO対策を提供する会社が少ないのです。

 

理由は明白で、予算が少ないためよりギャンブル性が高いサービスが多いからです。

 

%e8%b3%87%e6%96%99%e6%94%b9%e5%96%84%e6%a1%88%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%92%ef%bc%98%e5%b9%b4%ef%bc%97%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%91%e6%97%a52-jpg-1687x1265

 

大手が対象の場合は電通や博報堂などを筆頭とした、広告代理店がまず入ります。

 

予算内で様々な広告手法を導入しながら総合的プロモーションを行っていきます。

 

もちろん大手向けサービスでも、費用対効果はマチマチですが

 

資金力のある会社では、さまざまなサービスを試して、効果がないものを削っていけば良いという発想ができるのです。

 

月額数百万円〜という予算を広告代理店に与えて、SEO対策やリスティング広告、テレビCMなど、多角的にプロモーションすることが可能です。

 

しかし、月間数百万円かけて、広告代理店をつけられる予算を持っている会社は限られています。

 

そこで、月間予算が、数万円程度の小規模事業者にターゲットを絞ったSMBの業界があるのです。

 

SMB向けサービスは、大手広告代理店のように総合的にプロモーションをするわけではなく、部分的にSEO対策のみだったり、単発の広告のみで終わってしまうので、継続的な売り上げにつながりにくいということが言えます。

 

そのため、小規模事業者は、限られた予算を博打的に使い切って失敗するケースが多いのです。

 

以下は、単発的な広告での集客を継続していた場合の、実際のアクセス推移です。

 

%e8%b3%87%e6%96%99%e6%94%b9%e5%96%84%e6%a1%88%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%92%ef%bc%98%e5%b9%b4%ef%bc%97%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%91%e6%97%a5%ef%bc%93-jpg-1687x1265

 

このような、集客プロセスでは

 

たとえ一時的に売り上げが上がっても、広告依存体質になってしまいます。

 

広告を打たくないと売り上げが落ちてしまうことから、ドーピングのように広告費をかけるものの、利益が出ても、広告費に吸い取られてしまいます。

 

さらに、広告依存になってしまうと、集客がなくなることが怖くなり、赤字でもやめられないという話をよく聞きます。

 

また、SMB向けサービスを販売する会社の中には、悪質な業者が多いのも事実です。

 

低予算の広告ほど、効果を誇張しないと契約できないのかもしれません。

 

いかに広告費合戦に巻き込まれずにプロモーションするかが、最大の課題

 

以上見てきた理由から、「広告・SEO業者に頼らず集客をする」ことが、小規模事業者にとって最重要課題だと言えます。

 

それでは、具体的にどうやって広告に頼らずWEB 運営を成功させることができるのでしょうか?

 

段階的に切り込んでいきたいと思います。

 

  • 次に、こちらをご覧ください。

 

コストをかけないSEOって? | JetB株式会社

広告の費用対効果がイマイチ上がりづらい理由はなぜ広告に頼らないべきなの?書きましたが、一体ではどうやって広告に頼らず集客をするのでしょうか。 答えを簡単に言えば、「費用をかけずに自社でSEO対策する」ということになります。 すこし前までは、SEO対策も業者に依頼するケースが多く、費用をかけないと効果的なSEO対策は不可能だと思われていました。 しかし時代は変わりました。 …