JetB株式会社

ネットショップだけでは限界があるの?

更新日:2016.06.04

ネットショップだけでは限界があるの?

更新日:2016.06.04

ネットショップの課題

 

近年ネットショップはレンタル式サービス(ASP)で簡単に開けるようになりました。弊社クライアントの中でも、カラーミーショップやEストアなどレンタルサービスを利用してネットショップを運営していた方が、数多くいらっしゃいます。

しかし、本格的にWEB運営を行う際に、ネットショップだけでは、以下の点がネックになってくる例が多いようです。

 

  • ・デザインの柔軟性がないので、差別化が図にくい。
  • ・アクセスが集まりにくい。(コンテンツSEOに不向き)

 

以下の動画は、ネットショップだけの限界を語っていただいたお客様の声です。

 

  • 動画は、カラーミーショップでネットショップ運営をしていたTEMARIYA様のインタビューです。ハンドメイドマクスブランドを展開する業態のクライアント様で、実感の声として

  •  

    「ネットショップでは伝えられることが限られており。なかなか難しかった。」

  •  

    「今は、入り口が(弊社制作の)ホームページなので全然伝わり方が違う。」

  •  

    「商品説明をするにしても、検索(から集客)していただくにしても全然違う」

  •  

    などと仰っていただいています。

オリジナル商品を扱う場合は特に、知ってもらう入り口が重要になってきます。

以前までは、ネットショップしか入り口がなく、限られたデザイン性のなかで、うまく魅力を訴求できていませんでした。

 

現在では、入り口がブランディングを踏まえてデザインした公式サイトになっているため

「伝わり方が全然違う」という結果になっています。

 

 

簡単にカートが作れるレンタル式のシステムでは通常、テンプレートで商品が並んでいるだけの状態になりがちです。

そのため、特にオリジナル商品では、商品の魅力が伝わりにくく、他の商品との差別化を図るにはどうしても不向きだと言うことができます。

 

ネットショップではなぜ、コンテンツSEOは難しいのか

 

ネットショップでコンテンツSEOはできないの?という質問をよく受けます。

結論、不可能ではありませんが、ほとんど不可能に近いと言うことができます。

 

ネットショプのシステムは、そもそも目的が違う。

 

商品の販売を目的として作られたネットショップのシステムでは、基本的なサイト構造が、コンテンツSEOに適した作りになっていません。

ネットショップの場合、情報発信を前提に作られたシステムではなく、「カートシステム」として在庫管理や、商品登録、受注管理などを重視した構造になっています。

そのため、情報発信機能が弱く、ほとんどのネットショップでは、新着情報程度の発信機能しか備わっていないのです。コンテンツSEOは、情報発信を前提としたシステムであるCMSで行うことが前提になるのです。

 

 

 

SEO内部対策があまりできない。

 

サイトの中身を整えるSEO対策を「内部対策」といいます。

実はレンタル式ネットショップは、サイトの中身を深くいじれないのです。

理由は、ソースコードが公開されていないからです。

ASPのネットショップはソースコードがオープンではないので、触れない部分がほとんどです。従って、タイトルタグの書き換えなど、初歩的なレベルの内部対策しか行えません。

そのようなネットショップに高額な費用でSEOを行う業者もいますが、はっきり言って、ほとんどできることはありません。これは、そもそものサイト構造の問題だからです。そのような業者は「内部対策指示書」などと称して、素人でもできるようなレベルの簡単な指示書を、高額で売りつけます。

 

Googleのガイドラインでも、そのような業者がいることに対する注意喚起や

SEOはサイト設計から行うべきだとの見解が示されています。

 

 

   Googleガイドラインからの引用※一部抜粋

無責任な SEO 業者によってサイトが被害を受ける可能性について必ず検討してください。

(SEOを行う)最適なタイミングは、サイトを再構築するときや新しいサイトを開設するときです。このタイミングなら、最初から検索エンジンとの相性を考慮してサイトを設計できます。

 

  • ネットショップでもコンテンツSEOが行えるようにする取り組みをしている企業も

EストアWORDPRESSオプションサービス:https://sps.estore.jp/function/wordpress/

 

ASPネットショップの最大手でありショップサーブが運営するEストアでは、内部の店長ブログ部分に、WORDPRESSを組み込めるオプションサービスを開始しています。

Eストアのブログ部分を限定的にWORDPRESにすることで、コンテンツSEOが行える仕組みにする有料サービスです。

 

基本的にブログ部分をWORDPRESSにするだけなので、デザインは全く変わらないですが、導入すればコンテンツSEOが行いやすくなりそうです。

 

しかし、WEB上ではあまり良い評判が見当たりません。

 

理由としては、レンタルしているサイトの中に、WORDPRESSを構築するので、柔軟なカスタマイズができず、WORDPRESの良さをあまり活かせないというものが多いようです。

 

導入を検討されている方は、一度「Eストア WORDPRESS」などで検索すると、様々な情報が出ています。

 

また、レンタル式ASPでは、「自分のものにならない」という最大のネックがあります。

 

自分のものにならないので、データ容量に応じて課金されていく仕組みになっています。コンテンツを蓄積していけばいくほど、ランニングコストが高くなる計算です。

 

コンテンツSEOのメリットは蓄積されたコンテンツが、自社の資産になっていくという点にあります。

 

レンタル式の場合、蓄積されたコンテンツが結局自社のものにならないので、長い目でみれば、致命的な損失になりかねないのです。

 

そのため、JetBではサイトの所有権も明確にクライアント様にお渡しして、安心してコンテンツを蓄積できるようにしています。