JetB株式会社

SEO×アクション率を高める!効果的な画像設定のコツを大公開

更新日:2016.09.27

SEO×アクション率を高める!効果的な画像設定のコツを大公開

更新日:2016.09.27

SEO画像設定のイメージ

 

「画像設定はSEOに無意味」と聞いたことありませんか?

画像を設定してもSEO効果は見込めないー。
そんな意見をよく耳にします。
しかし「なぜ意味がないのか」と聞かれてちゃんと答えられる方は少ないのではないでしょうか?

 

人工知能のクローラーと言えども画像の良し悪しは判断出来ない

画像設定がSEO的に効果がないと言われるのは、検索エンジンクローラーの情報収集の仕組みと関係しています。
クローラーとはインターネット上に存在するホームページを見つけてくれるロボットのことです。
クローラーはHTML内部のテキストを読み込み、内容を判断しています。
画像に組み込まれている文字や画像自体の有用性は評価できません。
人工知能を高め、今や文脈を判断できると言われているクローラーでも、「この画像は美しいから一人でも多くのユーザーに広めよう!」という選択は出来ないのです。
そのため、画像の多用はSEO的には不利に働くと言われています。
クローラーに評価されるためには地道にテキストで表現するのが一番の近道だと言えます。

 

見た目UP・アクション率向上に欠かせない画像

一方で、全く画像がないブログは読みづらいと感じる方が多いと思います。
ほとんどのコンテンツは見た目を良くするために画像を設定しています。
見た目をよくしてアクション率向上につなげつつ、SEOを高めることは出来ないものでしょうか?

結論から言えば、画像を設定しただけではSEO効果は見込めませんが、ちょっとした工夫で画像設定をしながらSEO効果を高めることは可能です。

 

画像に代替テキストを設定することでSEOを高めることが出来る

画像を設定してSEOに有利になる方法、それは「代替テキスト」の設定です。
代替テキストとは画像が表示されない場合に画像を知るためのテキスト情報。
目が見えない方向けに音声ブラウザが読み上げる際に利用されています。
代替テキストはHTML内部のテキストに反映されるため、検索エンジンクローラーでも読み込むことが出来ます。
クローラーは代替テキストの情報を利用し、画像検索はもちろん通常の検索順位を決めていると言われています。

 

◆JetBの実例に見る代替テキストの効果

Googleで「コンテンツSEO」と入力し画像検索するとJetBのバナーが出てきます。
これは代替テキストとして「コンテンツSEO」を設定しているためです。
画像をクリックすることでサイトに遷移することも可能で、
一定のSEO効果があると言えます。

 

SEO画像設定のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代替テキストの設定方法とは

では代替テキストはどのように設定するのでしょうか?
ここでは2つの方法を紹介します。

 

【1】altタグを設定する

代替テキストはHTML内の以下の箇所に設定します。

 

<img src=”http://**”alt=”ここに代替テキストを入力>

 

専門的な表現では「代替テキストは、HTMLのalt属性としてimg要素内に記述する」と言うそうです。
知識が浅い人は「『alt=”』と『”』の間に入力する」と覚えておくと良いと思います。

 

代替テキストは画像の内容を簡潔に表しつつ、SEO対策キーワードを含んだ20字以内の短文にします。
私もよくやってしまうのですが、元から入っていた文字列を削除しないとSEO効果が薄れます。
必ず元から入っている文字列を消してから入力するようにしましょう。

 

【2】画像の編集画面から入力する

WordPressであれば、画像編集画面の「代替テキスト」に入力することで設定出来ます。
HTMLの知識が浅い方はこちらのほうが簡単に設定出来るので良いかもしれません。

 

SEO画像設定のイメージ

 

 

SEO画像設定のイメージ

 

 

コンテンツ内で画像を活用するコツ

SEO効果とは少し離れた話ですが、画像設定をする際に気をつけておきたいことがあります。

 

1)データサイズを小さくする

データ量の大きな画像が多いとWebコンテンツの表示速度が落ちます。
表示速度の低下はユーザーのストレスに直結しますのでアクション率が下がってしまいます。
画像サイズは必要最小限の大きさにするとともに、保存形式もデータ量の少ないもの(JPEGなど)にすることをおすすめします。

 

2)画像の幅と高さを指定・設定する

Webページを開いたのに、画像がなかなか表示されなかったり、デザインが崩れていたりした経験はありませんか?
前もって画像の幅と高さを指定し設定しておけば、万が一画像が表示されなくてもレイアウトが崩れずに済みます。
ユーザーの利便性を高めるために大切です。

 

SEO対策を考慮しながら適切に画像設定をする

画像はそれ自体ではSEO効果がありません。SEO対策はテキストが基本だと覚えておきましょう。
その上で、視認性を高めるため画像を適度に設定し、代替テキストの入力を行うことが重要です。