JetB株式会社

【ライティング構成に役立つ】ストーリータイプを意識した文章構成でコンテンツSEOを有利に進める方法

更新日:2016.09.28

【ライティング構成に役立つ】ストーリータイプを意識した文章構成でコンテンツSEOを有利に進める方法

更新日:2016.09.28

ストーリータイプのイメージ

 

「文章が書けない・・・」それはストーリーが決まらないからでは?

 

コンテンツSEOの肝となるのがコンテンツの作成、つまり文章作成です。
文章が思うように書き進められない理由の一つに「何から書き始めたら良いか分からない」というものがあります。
ストーリー(=文章の構成、文章の流れと言い換えてもいいかもしれません)には様々なパターンがあり、

一つの正解があるわけではありません。
そのため、「この話から始めようか」「いやこちらの話題のほうがインパクトがある」と考えあぐねているうちに、
気づいたら何時間も経ってしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

世の中はストーリーを求めている

ブランド広告やコンテンツSEOにおいてストーリーブランディングは重要な意味を持っています。
その目的は顧客や将来的に顧客になりうる層に興味を持ってもらうことに他なりません。
人はよく分からなものや自分とは関わりが薄いと思うこととは距離を起きたがるものです。
今の商品、サービスに至るストーリーを知ることで、それまで無関係に思えていたヒトやモノが身近に感じられるはずです。
ストーリーブランディングにはそういう力があります。
見方を変えれば、ストーリーを紡ぐことは現代ビジネスにおいて避けられないことだと言えると思います。

 

 

コンテンツSEOで十分な成果をあげる3つのストーリー

ストーリーというとワンピースのような超大作を思い浮かべるかもしれません。
もちろん壮大なストーリーは人を惹きつけてやまないですが、
コンテンツSEOにおいては大きく3つのストーリータイプがあると思っています。
この3つのストーリータイプを知ることで文章構成が自然と出来るようになります。

 

キーワードは「一般論」「各論」「比較列挙」

実際に3つのストーリータイプを紹介する前に、重要なキーワードに触れておきたいと思います。
心配ありません、この記事を読み終える時には文章構成が手に取るように分かりますから。
それでは重要なキーワードを発表します。
「一般論」、「各論」、「比較列挙」です。

 

「一般論」

いわば常識です。一般論で読み手が納得できるのであればそれに越したことはありません。
安心感があるのでリラックスして記事を読み進めることが出来るでしょう。

 

「各論」

しかし一般論で魅力が伝わる商品ばかりではないのが現実。
一般的にはデメリットと言われる要素を抱えている場合、

「それを補って余りあるメリット」を全面に押し出す必要があります。
それが「各論」です。

 

「比較列挙」

目立ったメリットもデメリットもない見当たらないものの、
平均以上の魅力があることをアピールしたい。

そんな時は「比較列挙」が役に立ちます。

 

ストーリータイプはこれらの組み合わせ、もしくは単独で成り立っています。
いよいよ実際にストーリータイプを見ていきましょう。

 

 

コンテンツSEOで十分な成果をあげるストーリータイプ

 

◆王道的なストーリー「一般論→各論」型

一般常識となっている魅力を確認した上で、それを備えている商品を紹介するというパターンです。
「商品の魅力がちゃんと伝われば勝てる」という時に有効です。

 

飲食業界では自分のお店のホームページを持つことが当たり前になっています。個人経営のお店がホームページを作る場合、何より気になるのがコストだと思います。出来れば低コストで集客に繋がるホームページを作りたい。そんな方はぜひ当社にご相談ください。3000件の成功事例から、最適のプランをご提案します。

 

◆一つの大きな魅力でアピールするストーリー「各論→一般論」型

普通ならあるはずのメリットが不足している場合、大きなメリットにフォーカスを当てます。
アピールすることを絞ることで、時にはデメリットもメリットに感じさせる便利なストーリータイプと言えます。
例えば「オークション制のため予算を立てづらい」というデメリットがある場合、

「普通のプロモーションでは考えられない低予算で大きな成果をあげた人もいます」と成功事例を紹介。

最後に「運用者の腕試されるためスキルアップにも繋がり好評である」と一般化することで、
「チャレンジしてみようかな」と思ってもらえるでしょう。

 

たった●●円で売り上げを5倍に増やせるネット集客の方法があるんです。
ネット広告なら運用者の腕次第でランニングコストを最大3分の1まで抑えることが可能です。
ネットの知識も身につき、グローバル企業に役員待遇で転職した人もいます。
スキルアップを兼ねてネット広告を始める人が今増えています。

 

◆特徴のない商品の魅力を惹きたてる「比較列挙」型

複数の点で市場の平均を上回っている、だけど目立った特徴がない。そんな商品を輝かせるには比較列挙型がおすすめです。
競合商品と比較することで優れている点を強調することで魅力をアピール出来ます。

 

今回紹介するブラウザは従来のブラウザがなし得なかったネット広告の完全排除を行いました。
これにより検索スピードが上昇し、今では●●●の5倍、○○○の8倍の速度を実現しています。
ご興味のある方はぜひ一度導入をご検討ください。

 

3つのストーリータイプを「目的」に合わせて使い分けることが重要

ストーリータイプにより「何から書き始めて、何で終われば良いのか」がおのずと決まってきます。

ストーリータイプを選択するにあたっては、商品の特徴と売り出す方向性を明確にすることが重要です。
また、お客さんにどんなアクションを起こしてもらいたいのか(興味を持ってもらうのか、

実際に購入してほしいのか)によっても、どのストーリータイプを選ぶのかが変わると言えます。

文章構成の参考になれば幸いです!