JetB株式会社

アメブロなどのレンタルブログではSEO効果が見込めない理由とは?

更新日:2016.10.07

アメブロなどのレンタルブログではSEO効果が見込めない理由とは?

更新日:2016.10.07

外部ブログSEOのイメージ

 

ちょっと待った、アメブロじゃコンテンツSEOはできません!

 

「ホームページにアメブロを設置したいんだけど」
顧客からこんな要望をいただくことがあります。
これまで何年も書きためてきたブログがあれば、コンテンツSEOを有利に進められるのではないかと考えてのことです。
しかし、誠に残念ながら、アメブロなどレンタルブログは、レンタルブログなので自社のホームページの中に設置はできません。リンクを張る事は可能ですが・・

つまり、アメブロをどれだけ更新しても、自社ホームページにとって何のSEO効果も見込めません。コンテンツSEOには一切なりませんのでご注意ください。
今回はアメブロなどのレンタルブログの仕組みをお伝えした上で、ブログを使った効果的なコンテンツ発信のヒントをご紹介したいと思います。

 

レンタルブログは間借りしているようなもの

 

レンタルブログとはアメブロやfc2ブログ、エキサイトブログのようなものを指します。
広告収入により運営されており、多くが無料で誰でもサービスを利用できます。
SEO上一番ネックになるのが独自ドメインではない点です。

 

独自ドメインとは?

例えばアメブロのURLを見ると「http://ameblo.jp/」のようにアメブロのドメインが必ず含まれ、後ろに固有のアドレスが入ります。
これはいわばアメブロの建物に間借りをしている状態です。いくら自社ホームページからアメブロにリンクを張って、アメブロ内で記事を書いたとしても、検索エンジンにはアメブロが発信した情報として扱われます。逆にアメブロ記事内で自社ホームページにリンクを張れば、ある程度の流入は期待できるかもしれませんが、アメブロで書いた記事がダイレクトに自社サイトの検索順位に影響を与えることはありません。

 

コンテンツは資産になる、アメブロでは自分が築いた資産がアメーバのものになる。

 

仮にレンタルブログで書いた記事が100万アクセスを獲得したとしても、インデックスが蓄積されるのはレンタルブログの運営サイトだけです。
自社ホームページにインデックスが蓄積されることは全くありません。
自社ホームページからリンクすると、見かけ上はレンタルブログであってもサイト内コンテンツに見えます。しかし、検索エンジンは完全に別物として認識するのだと覚えておきましょう。

 

他にもあるレンタルブログをビジネスで使う際の難点

 

レンタルブログのデメリットはこれだけではありません。

一歩間違うとせっかく書き溜めたブログが全て消えてしまうかもしれません。

 

商業利用禁止

レンタルブログの中には商業利用を認めていないところも少なくありません。アメブロなどもそうです。
アカウントが突然削除されてしまったり、記事が削除されたりするケースもゼロではありません。
せっかく書き溜めた記事が水の泡になる恐れがあります。

 

SEO内部対策もできない

SEOの内部対策で重視されているのが「構成」です。
タイトルタグ、hタグにいかにSEO対策キーワードを効果的に組み込み、検索エンジンに瞬時に内容を理解してもらうかがカギとなります。
レンタルブログではブログの構成が決まっているケースが多く、思うような対策ができません。
また、デザインはテンプレートの中から選ぶため、ビジュアル面で差別化を図りづらいと言えます。

 

広告が表示される

広告収入により運営されているため、意図しない広告が表示されるのもレンタルブログのデメリットです。
会社によっては有名人のブログや広告に誘導する設計になっているところもあり、ユーザーにネガティブな印象を与える恐れもあります。

 

レンタルブログはSEOを気にせず情報を発信するには便利

レンタルブログのデメリットばかり書いてきましたが、良くも悪くも自社サイトへの影響がないため、難しいことを考えずに情報発信できる点は魅力です。
SEOを気にせず日常のあれこれを綴るなら、レンタルブログを利用するのも一考でしょう。常時一定数のユーザーが見ているため、思わぬファンが獲得できる可能性もあります。

一方、ガチでコンテンツSEOに取り組みたい方にはサイト内ブログを強くおすすめします。

 

SEO対策にはサイト内ブログ、特にWORDPRESSがオススメ

 

サイト内ブログはホームページの1コンテンツという位置づけです。
ブログを更新することでホームページのインデックスが蓄積される(=ページ数が増えていく)ことになります。
SEO対策キーワードを選定し、有益なコンテンツを発信することで自社サイトの資産価値を高めることができます。シンプルに言えば、ブログを書けば書いただけ上位表示される可能性が高まります。
レンタルブログとは違い、コンテンツ自体の評価が自社サイトの評価に直結するため、サイトと関連性が薄い話題は避けたほうが無難です。

 

サイト内ブログの中でも特におすすめなのがWORDPRESSです。

 

外部ブログSEOのイメージ

 

今や全世界の1/4のサイトがWordPressで作られていると言われるほど普及しているCMSです。
もともとブログを作成するために開発されたソフトウェアのため、ブログ機能に関しては初心者でも扱いやすい仕組みになっています。
多少の勉強は必要ですが、「WORDPRESS 使い方」で検索すると多くのサイトがヒットするため、困ることはありません。

 

最大の魅力はコンテンツSEOに強いこと

 

Googleが提唱しているSEO内部対策をほぼ自動的に行える点やSEO強化のプラグインが充実しています。
SEO業界の権威であるマット・カッツ氏も「SEOに最適化されたツール」としてお墨付きを与えています。

 

コンテンツSEOを検討されている方はWORDPRESSの導入を強くおすすめします。