JetB株式会社

覚えておくと便利なキーボード機能(ショートカット等)を一挙公開!【Windows】

更新日:2016.10.24

覚えておくと便利なキーボード機能(ショートカット等)を一挙公開!【Windows】

更新日:2016.10.24

WINDOWSキーボードの写真

 

作業効率を上げるためにぜひ知っておきたいキーボード機能をご紹介します!

 

キーボードを使っていて「そういえばこのキーボードは何に使うんだろう?」と思った経験はありませんか?
当たり前ですが、意味のないキーボードは一つとしてありません。各キーボードの役割を知れば、作業を効率化出来るかもしれませんし、間違ってロックをかけてしまっても慌てず対処できます。
今回は知って得するキーボード機能についてご紹介したいと思います。

 

これだけは覚えておきたい!超便利なキーボード機能

PC作業の様々な場面で活躍してくれる機能を紹介します。

 

「Tab」
Webページで入力フォームに入力する時、いちいちマウスを使うのは面倒ですよね。
そんな時はTabキーが便利です。
Tabキーを押すことで次の入力欄に移動出来ます。
逆方向への移動(戻る時)は「shift」+「Tab」です。
Webページだけではなく、ファイルを選択する時などでも使えます。

 

「ctrl」 + 「A」

全選択。
全てを選択して、コピーする時などに使えます。

 

「ctrl」 + 「S」

上書き保存。
不測の事態に備えてこまめに保存しておきたいですよね。
いちいち上書き保存ボタンをクリックすることなく、上書き保存が行なえます。

 

「ctrl」 + 「X」

選択範囲を切り取ります。

 

「ctrl」 + 「C」

選択範囲をコピーします。

 

「ctrl」 + 「V」

コピーしたものを貼り付けます。

 

「Ctrl」 + 「Z」

直前の操作を元に戻す(無かったことにする)時に使います。

 

「ctrl」 + 「F」

検索ウィンドウを表示させます。

 

「crtl」 + 「N」

新規ファイルを立ち上げたり、ブラウザで新しいウインドウを開いたりします。

 

「crtl」 + 「T」

ブラウザで新しいタブを開きます。

 

「crtl」 + 「O」

ファイルを開く時に使います。

 

「crtl」 + 「W」

ファイルやウインドウを閉じます。

 

「crtl」 + 「Home」

ファイルの先頭へ移動します。

 

「crtl」 + 「End」

ファイルの末尾に移動します。

 

文字入力に便利なキーボード機能

文字入力を効率的に行うために便利な機能です。

 

「Shift」 + 「Space」

半角スペースを挿入します。
いちいち「半角/全角」の切り替えをする手間が省けるので便利です。

 

「F6」
選択している文字列をひらがなに変換します。

 

「F7」
選択している文字列を全角カタカナに変換します。

 

「F8」
選択している文字列を半角カタカナに変換します。

 

「F9」
選択している文字列を全角英数に変換します。

 

「F10」
選択している文字列を半角英数に変換します。

 

インターネットの閲覧に便利なキーボード機能

インターネットの閲覧をスムーズに進めるのをサポートしてくれる機能です。

 

「Alt」 + 「←」、「→」
それぞれページを戻る、進む時に使います。

 

「Ctrl」 + 「D」

開いているページをブックマーク登録できます。

 

「F4」

アドレスバーを表示します。

 

「F5」
開いているページを更新します。

 

「F11」
ブラウザを全画面モードに切り替えます。

 

「Ctrl」 + 「Shift」 + 「T」
最近閉じたタブを復元します。

 

「Alt」 + 「D」
アドレスバーに移動します。
URLをコピーするときに役立ちます。

 

「Ctrl」 + マウスのホイール
ブラウザページ内の文字サイズの拡大縮小ができます。

 

上手く文字入力できない時にチェック!LOCKキー

「いきなり文字が全角になってしまった」「キーボードを叩いても入力されない」そんな時はLOCKキーが設定されている可能性があります。

 

【Num Lock】
テンキーをロックします。
もう一度押すことで解除できます。

 

【Caps Lock】
押すと全角表示になります。
「Shift」 + 「Caps Lock」で解除できます。

 

【Scroll Lock】
エクセルなどで選択した位置を固定して表をスクロールする時に使います。
もう一度押すことで解除できます。

 

使いこなしたら上級者!その他キーボード機能

業務でPCを頻繁に使う方、作業能率を上げたい方におすすめの機能です。

 

「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Del」
パソコンを再起動します。
強制終了したい時に使います。

 

「Windows」 + 「Home」
最前面のウィンドウ以外を全て最小化します。
複数のウインドウを同時に開いていて、整理したい時に役立ちます。

 

「Windows」 + 「D」
今開いている全てのウィンドウを最小化します。

 

「alt」 + 「tab」
他のウインドウに切り替えます。

 

「Windows」 + 「E」
エクスプローラを起動します。

 

「Windows」 + 「L」
ログオフします。
離席する際のセキュリティー対策に便利です。

 

「Printscreen」
画面のキャプチャを取ることができます。
「Alt」 + 「Printscreen」で今選んでいるウインドウのみのキャプチャを取得できます。

 

「F1」
ヘルプやサポートページを開きます。

 

「F2」
選択しているファイルやフォルダーの名前を変更します。
エクセルで選択しているセルに文字入力する際にも使います。

 

「F3」
ファイルやフォルダーの検索ができます。

 

【番外編】意外と知らない記号の読み方

「ほら、あの、真ん中に点があるやつ…」
何気なく使っているけど、名前を知らない記号ってありますよね。
また、いざ入力する時にどうやって出したら良いのか分からない記号もあります。
そこで、案外知られていない記号の名称と入力方法を紹介します。

 

「”」ダブルクォーテーション
入力方法:Shift + 2

 

「#」シャープ、いげた、ハッシュマーク
入力方法:Shift + 3

 

「&」アンパサンド、アンド
入力方法:Shift + 6

 

「’」アポストロフィー
入力方法:Shift + 7

 

「^」ハット、キャロット、カレット
入力方法:「へ」

 

「~」チルダ
入力方法:Shift + へ

 

「*」アスタリスク
入力方法:Shift + け

 

「:」コロン
入力方法:「け」

 

「;」セミコロン
入力方法:「れ」

 

「_」アンダーバー
入力方法:Shift + ろ

 

「<」小なり、左アングルブラケット
入力方法:Shift + ね

 

「>」大なり、右アングルブラケット
入力方法:Shift + る

 

「~」波ダッシュ
入力方法:「へ」

 

「・」中点、中黒
入力方法:「め」

 

まとめ

今回は便利なキーボード機能についてお伝えしました。
「知らなかった!」という方は普段のPC作業に取り入れれば、きっと作業を効率化できると思います。
ただ、一度に全部覚えるのは大変です。まずはコピー、切り取り、貼り付けなど、よく使うものから覚えて、慣れてきたら徐々に使える機能を増やしていくのがおすすめです。
なお、これはデスクトップの標準的なキーボードの機能です。機種によっては搭載されていなかったり、ノートパソコンでは複数の機能を同じキーが兼ねていることもあります。予めご了承ください。