JetB株式会社

SEO対策に重要!キーワード出現率に注意したコンテンツ作成のコツ

更新日:2016.09.26

SEO対策に重要!キーワード出現率に注意したコンテンツ作成のコツ

更新日:2016.09.26

キーワード出現率"48519de3319550f80c4805cda68a3030_s"

 

英語は単語ごとにスペースで区切られるため、「キーワード」の判断がしやすいですが、
語句の間に隙間がない日本語ではどの部分がキーワードとなるか分かりづらいと言えます。
だからこそテーマをビビッドに表すキーワードを選ぶことがSEO対策では重要です。

 

最適なキーワード出現率とは?

私の趣味は旅行です。
しかし業務中は旅行が好きだとは思われません。(当たり前ですね)
休憩時間に旅行会社のサイトを閲覧したり、旅行のお土産を配ったりして、
初めて趣味だと気づかれます。
同じように、検索エンジンも「旅行パック」「日帰り」などのキーワードがタイトルや本文に使われることで
初めて「旅行」に関するコンテンツだと判断します。
検索エンジンにコンテンツのテーマを確実に伝えるには、
テーマを適切に表現したキーワードを使う必要があります。

 

テーマの判定基準は「キーワードの出現率」

検索エンジンはキーワードの出現率をもとにサイトのテーマを判断します。
例えば旅行の話をする時に「IT」「インターネット」といったキーワードはあまり使いませんが、
「ツアー」「旅程」というキーワードはよく使います。
テーマに関連したキーワードは自然と多く使われると言えるでしょう。
検索エンジンも同じです。
コンテンツに含まれるキーワードの中で、より多く使われるキーワードからテーマを判断します。

 

SEOに適切なキーワード出現率は?

昔はSEO対策のために背景色と同じ色の文字や画面に表示されない文字で
キーワードを大量に入れるようなSEO対策が平気で行われていました。
クローラ(インターネット上に存在するホームページを見つけてくれるロボット)が進化した現在は
キーワードが多すぎるとペナルティの対象となります。
SEO対策ではキーワードは多すぎても少なすぎても効果がないのです。
では最適なキーワード出現率はどのようなものなのでしょうか?
一般的には以下のように言われています。

 

メインキーワード…5~7%
サブキーワード(1)…4~5%
サブキーワード(2)…3~4%

 

出現率3%以下だとSEOの効果が薄まり、8%以上だとペナルティーを受ける可能性があります。
SEO対策ではキーワード出現率3~7%を狙う必要があります。
しかし複数のキーワードを全て7%にしてしまうととても読みづらい文章になってしまいます。
そのため、キーワードに優先順位をつけ、キーワード出現率に差をつけることが大切です。

 

キーワードはメインワードとメインワードに関連する複合ワードで考える

1つの記事で上げるキーワードの狙いはメインキーワードとメインキーワードに関連する複合キーワードをいくつか狙って行きます。
現実的に1つの記事で、「旅行」「日帰り」「格安」というキーワードはすべてを単体で狙うのはナンセンスです。
必ずメインワードを1つ決めたら、それに関連した複合ワードを狙っていきます。

 

キーワード出現率をチェックするには無料のチェックツールが有効

文章中のキーワードを1つずつ数えていると途方もない時間がかかります。
そこで、無料で利用出来るツールを利用して効果的に作業をしましょう。
無料のキーワード出現率チェックツールはいくつかありますが、
ここでは「FunkeyRating」を利用したいと思います。
キーワード出現率"%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%bbfunkeyrating%ef%bc%bd-%e5%87%ba%e7%8f%be%e7%8e%87%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af"
無料で利用でき、テキスト入力、URL入力どちらも可能です。
そのため、公開前の下書き段階でも、公開後のブラッシュアップでも便利です。

実際の例文をもとに考えてみましょう。
今回はメインキーワードを「旅行」、複合キーワードを「旅行 秩父」「旅行 日帰り」とします。

食欲の、スポーツの、芸術の、楽しいこと目白押しの季節”“がすぐ目の前です。
しかし今年のシルバーウィークは最大でも3連休。長期旅行の計画は立てづらいかもしれません。
また忙しくて泊りがけの旅行は難しいという方もいらっしゃると思います。
しかし忙しくて長期の旅行が出来ないという方も少なくないと思います。
出来れば日帰りで、しかも格安で旅行がしたい。そんな方におすすめなのが「秩父」です。
秩父では栗拾い、柿狩り、野菜の収穫はもちろん、そば打ち体験やピザ作りも人気です。
自分で収穫したり、作ったりした食材はひと味もふた味も違う美味しさが感じられること間違いなしです。
また、リバーアクティビティ・弓矢打ちなどもありスポーツのを堪能することも可能です。
価格は東京駅発着で7000円~と、手頃な価格設定も魅力の一つと言えます。
今年の日帰り秩父に足を運んでみませんか?

この文章を「FunkeyRating」でチェックしてみたところキーワード出現率はこのようになりました。

旅行…4%
秩父…3%
日帰り…2%

「旅行」と「日帰り」のキーワード出現率が低いと言えます。
一方で「秋」というキーワードが6%あり、
検索エンジンに秋に関するコンテンツだと認識される恐れがあります。

これを踏まえて少しリライトしてみたいと思います。

過ごしやすい気候と美味しい味覚、スポーツや芸術に打ち込むにもいい季節”“。
旅行が好きな方は「今年の旅行はどこにしようか」と検討されているのではないでしょうか。
しかし今年のシルバーウィークは最大でも3連休。長期の旅行は難しいという声も耳にします。
日帰りでも旅行したい」そんなあなたにおすすめなのが「秩父」です。
秩父なら東京から1時間程度で行けるため日帰り旅行にぴったりです。秩父では栗拾い、柿狩り、野菜の収穫はもちろん、そば打ち体験やピザ作りも人気です。自分で収穫したり、作ったりした食材はひと味もふた味も違う美味しさが感じられること間違いなしです。
また、リバーアクティビティ・弓矢打ちなどもありスポーツのを堪能することも可能です。
価格は東京駅発着で7000円~と、日帰り旅行の中でも手頃な価格設定が魅力と言えます。
今年は日帰り旅行秩父に足を運んでみませんか?

キーワード出現率は次の通りです。
旅行…7%
秩父…4%
日帰り…4%
秋…2%

対策キーワードが最適なキーワード出現率の範囲になった一方で、
過剰だった「秋」は2%に抑えることが出来ました。
これで日帰りで秩父に旅行したい方に検索されやすいコンテンツになったと言えます。

キーワード出現率"6f08a02cc40b9c326373795ff2e47a44_s"

 

キーワード出現率を意識しつつ、読者に興味を持ってもらえる文章を書くことが大切

リライトした文章をご覧になり「ちょっとしつこいな」と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。
しかしこれでも最大6%です。これが8%や9%になるとSEO対策であることがバレバレで、
読み手にネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。
キーワード出現率を念頭に置きながらも、読者が興味を持って読める文章を目指すことが重要です。
また、SEO対策のキーワードとは別のワードの出現率が高くなり、他のテーマなど誤解されることのないよう、
気をつける必要があります。