JetB株式会社

季節を意識したWebライティングのコツ

更新日:2016.12.16

季節を意識したWebライティングのコツ

更新日:2016.12.16

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_s

 

多くの人が共感できる!
“季節”の話題でアクセス数UP

 

誰もが身近に感じられる話題と言えば「季節」ではないでしょうか?日本人は昔から季節の移り変わりに敏感で、春は花見、夏は花火、秋は紅葉狩り、冬は忘年会など季節に応じた風習が多く残っています。ブログ記事に季節の話題を織り込むことで多くの読者の共感を呼ぶことができます。
今回は、季節を意識したWebライティングのコツについて紹介したいと思います

 

①花の話題

 

街を歩いていて見かける草花や花屋さんの店先に並んだ花を見て季節を感じる方も多いのではないでしょうか?
写真を載せることで見た目にも華やかになりますのでおすすめです。
季節の花についてはこちらのサイトで紹介してくれています。

 

季節の花「由来もわかる花言葉!」 | 花言葉-由来

(null)

 

②メジャーな季節のイベント

 

誰もが知っている季節のイベント、例えばクリスマスやハロウィン、お花見などは読者の関心が高いと言えます。お店のブログなら、「当店はクリスマスに合わせてこんなイベントを開催しています」と紹介することで集客も期待できるかもしれません。
こちらのサイトに季節のイベント例があります。

 

【POPWORLD】 – 記念日カレンダー – 季節イベント

春夏秋冬のイベント一覧ページです。イベントやセールを開催するなら、季節に合ったタイトルを付けるのがオススメ!

 

③あまり知られていない季節の行事・風習

 

基本的に読者は未知の情報を求めています。あまり知られていない行事、風習は読者の関心を集められる可能性が高いです。行事自体はメジャーでも、地域独自のスタイルがある場合もあります。例えばお盆やお彼岸の墓参りは地域によってやり方が違いますので、ぴったりのテーマだと思います。
伝統的な行事・風習についてはこちらのサイトが興味深いです。

 

暮らし歳時記

四季折々の年中行事を通じて日本人の心を育む、歳時記について紹介しています。二十四節気・七十二候・雑節・節句・年中行事の解説や、歳時記にまつわる暮らしの作法、祭りやあそび、旬の食など、Facebookと連動して多彩な情報をお届けしています。

 

④旬の食材

 

「食」は生活の基盤だけに関心が高いテーマです。保存技術の進歩により一年中食材が手に入る時代になりましたが、それでも旬の食材を、その季節に食べる喜びは格別だと思います。旬の食材を、おすすめのレシピと共に紹介してみてはいかがでしょうか?
旬の食材についてはこちらのサイトが詳しいです。

 

旬の食材カレンダー

200種類以上に及ぶ食材の「旬」をまとめています。

 

⑤祝日の話題

 

祝日にまつわる話題も注目を集めやすいです。「意外と知られていない祝日の起源」を紹介することで読者の知識欲を満たせます。また、敬老の日、勤労感謝の日など贈り物をする祝日に合わせて、「こんなギフトセットをご用意しています」と訴求するのも一案だと思います。

 

⑥気候の話題

 

暑い、寒い、ジメジメする、乾燥するなど気候の話題を切り口に、「そんな季節に役立つ○○を紹介します」といった感じで読者に役立つ情報や商品を紹介する方法です。実体験をもとに書くと身近に感じてもらいやすいです。

 

⑦時候の挨拶

 

記事をまるごと季節の話題にしなくても、タイトルや本文の冒頭で季節の話題に触れることで、読者がすんなり本題に入れます。
私が参考にしているのはこちらのサイトです。

 

時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結び[2016版]

時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結びを月毎に多数掲載。

 

季語と歳時記

季語5000項目を超える最大のインターネット歳時記です。誰でも無料で季語の検索ができます。タブレット端末、スマートフォンなどからでも季語の検索が可能です。

 

⑧お店・会社の様子を書く

 

お店、店舗により忙しい時期は異なると思います。そして馴染みのない業界だと読者は案外知らないものです。お店や会社と季節の意外な関係について紹介することで、読者は知らない業界を覗き見しているような感覚で楽しめると思います。

 

季節の話題はワンポイントが適切

 

今回は季節を意識したWebライティングのコツを紹介しました。文章として触れないまでも写真に季節を感じる素材を使うのも効果的だと思います。
季節の話題はその季節には強い興味を引く一方で、他の季節にはあまり注目されないものです。全てのコンテンツに季節の話題を盛り込むと、何ヶ月か経って読んだ読者は「古い記事だな」と感じてしまいがちです。他の記事とのバランスを考えて、例えば月に1本程度書くくらいがちょうど良いかもしれません。また、翌年の同じ季節に読んでも役立つ内容だと、息の長いコンテンツになると思います。
日々のコンテンツ発信の参考にしていただけると幸いです。