JetB株式会社

イビキとその後【編集長 相馬杜宇のリハビリ日記 | 連載第1回目】

更新日:2017.05.22

イビキとその後【編集長 相馬杜宇のリハビリ日記 | 連載第1回目】

更新日:2017.05.22

 

 

連載第1回目 | 編集長 相馬杜宇のリハビリ日記

この連載の趣旨

JetB株式会社のブログメディア「JetBPRESS」の編集長、相馬杜宇は平成28年12月18日に脳出血を発症し、現在リハビリ施設で復帰に向けて戦っています。この連載記事は、リハビリを兼ねて入院中の様々な事柄を記事にして、連載形式でまとめたものです。脳出血の後遺症には麻痺や高次脳機能障害などもあり、文章の一部内容はわかりづらい箇所もありますが、あえて訂正せずに掲載しております。ご理解のうえお読みいただければ幸いです。

「イビキとその後 【闘いの記録を徹底レポート!】

 

 

「あれ?随分ご無沙汰してません?

 

実は長い歴史がありました・・・」

 

ご無沙汰してます、jetB編集長の相馬です。

 

なぜご無沙汰かと言いますと…・・・?

 

 

 

実は、私、脳出血を発症しました!!

 

ちょうどこの日(12月18日)は芝居仲間の忘年会で、集合場所に待っていたんですが、なぜかウトウトしちゃいまして、 あれ?手足が動かない・・・ と思ったら、ストンと倒れてしまいました。

 

幸い、仲間を見つけてくれて、何とか救急車に運ばれたんですが、ストレッチャー移してもらった時に救命士さんが、

 

救命士 (あまりの重さに息を切らし)百何キロ…?

 

って聞かれて、「100キロオーバー前提かよ!」と思いつつ、サバ読んで「80キロです」って答えちゃいました(笑)

今考えると10キロ以上痩せましたから、随分スリムになったと思います。

 

 

「病状について」

 

今、左の片マヒがあります。左足は杖をついて歩けますが、脳出血の持病である「震え」があります。

こいつが少し厄介で、歩こうとするとブルブル震えてしまいます。それでもだいぶ少なくなってきました。

左足は肘・肩が曲げられる程度です。指も自在に曲げられますが、パーは少し厳しいです。リハビリ界では「パーは登竜門」と噂されているとか、いないとか。

 

 

他にも高機能障害など、軽度の失語症もありましたが、それより随分良くなっています。

 

 

「あの人は今?」

急性期の大久保病院にいったん退院し、脳疾患の専門病院である、七沢リハビリセンター病院に入院しました。そこで、大久保病院のリハビリがいかにテキトーだったかに衝撃(!)を受けちょっと慣れてきたと思ったら、七沢病院がまさかの閉鎖。現在、あの悪名高い、いや、趣のある神奈川リハビリ病院にてリハビリに励んでおります。

 

 

足の装具が完成したので、早くも退院するのでは?という噂です(願望)。

あ、リハビリは順調に回復していますので、どうぞご安心ください。

いやぁ、「今日は浴びるほど飲むぞ~」、「ホッピー飲みまくるぞ~」って張り切ってたんですけどね(笑) 。

 

 

 

「閑話休題」 さて、今回はイビキ事件です。

「イビキ事件!?」と思った方、過去のブログを引用します。

 

(5月17日) 患者のイビキがうるさすぎて目に余る。 隣の人が 「寝れないよぉ…」とぼやいていたら、 次第にヒートアップしてきて、 「寝れねえよ‼」 え、エスカレートしてる…。 そのくせ、普段の患者さんは礼儀正しいから困ったものだ。 たまりかねて看護師さんに密告した。寝ている時にこっそりナースコール押したら場所を変えるなど対応しますという返答。しかしイビキも波がある。一度大ウェーブがきても、シーンと静かなこともある。ナースコール押しても、「ホントにうるさかったの(意識過剰じゃないの)?」と疑われでもしたら面倒だ。 本人は自覚症状がないだけに、「うるさい」と言われても困るだろうなぁ。 。。

 

(5月19日) いび きMAX。すごい、こんなにうるさいいびきははじめて。 ものすごく人が良くて、共謀罪の話題の際、「問題ですよ~、○○○さんが言ってたんですけど…」とさらっと教養も兼ね備えている。病院のルールである、テレビもちゃんとイヤホンつけて、慎み深さも演出している。 でも、いびきがうるさい。 ご本人もいびきがうるさいことに非常に申し訳なく感じていて、選択ばさみなどあらゆる「対策」を講じている。 という設定を考えた。 メガネの看護師さん(通称メガネナース)にちょっと言ったら、「何で呼んでくれなかったの?」と言われたが、先述のイビキ理論を語ると「それも分からないでもない」と言われた。

深刻ですね・・・・・

 

 

 

でも何度も「イビキの件はナースボタン押して…」と念押しされてしまったので、今日こそはナースコール押そうと思います。

今回はイビキ事件のその後をレポートしたいと思います。結果やいかに!?

 

 

そして午前1時

さて、午前1時になりました。

見たところ静まり返っています。渦中のイビキ患者は確かにイビキかいてますが、全然許容範囲。

ぶつくさ文句言ってる患者さんも黙秘を貫いています。

 

 

ひょっとしたらイビキじゃないんじゃないか?

 

 

いや、油断できません

事件は午前2時に起きました。

午前2時

まずはFacebookでコメントチェック。 おお、おお!「マドンナ 理学療法士」で現在1位のコメントついてます!

 ありがたいですねえ、ホント。

自己ルールとして、3回ヒットしたらナースボタン押そうと決めました。 でも、たいがい2回か3回なんですよね~。

 

 

 

「事件発生」

その時です!

 

(イビキ)ズビヴオォーゴゴゴゴォーー!

 

きた!!!

 

1回目○、2回目○、3回目、、、○!

 

大ウェーブきました!!!

 

 

 

すかさずナースボタンを押します。

なんかクイズボタンの早押しみたいです。

男性看護師がやってきて、 「イビキ?イビキ?」のジェスチャー。

そうそうそうそう!

男性看護師がベッドの前に立つと、絶妙のタイミングで超大ウェーブが!

「完璧」です!

言ったでしょ?いびきヤバいでしょ?

おおー!!

 

絶好のタイミングで超大ウェーブきました! 

男性看護師がベッドを揺すり、「大丈夫ですか?」と問い掛けます。

完璧」の二文字が並びます。 男性看護師がベッドを揺すり、「大丈夫ですか?」と問い掛けます。

何とか収まりました。

男性看護師が「押してくれてありがとう~」のジェスチャー。

安い御用ですとも!!

 

 

しかし、

 

 

わずか数分でイビキ『再発』。
民族の大移動かばりに「グウォー!!」と言ってます。
え?え?どういうこと!?神の逆鱗に触れた!?

患者さん、やんわり舌打ち。緩やかに文句。

 

患者さん我関せず。

 

全ては水の泡です。

 

噂を聞きつけてメガネナースがやってきました。

 

メガネナース「(揺すり起こして)イビキかいてるよ」

患者「ハイ、大丈夫です」

 

踏み込んだねえ・・・

 

それにしても、今の発言は何?紳士的に振る舞いおって!全く悪びれる様子もなく、、、

 

まぁいっか。

 

しかし、メガネナース、ちゃんと言ってくれたな。

ちゃんと物申してくれた。

 

 

やっぱり、やるときはやるんだ・・・。

 

しかし、メガネナース、ちゃんと言ってくれたな。

ちゃんと物申してくれた。

やっぱり、やるときはやるんだ・・・。

こりゃいいパートナー組めそうだ、

 

ヂュヴグォォオオオ…・・・

 

え、もう!!!???

 

だ2分しか経ってないのに!!

 

お、メガネナースやってきた!

 

メガネナース「イビキ大きいから、枕合わないようなら持って行こうか?」

患者「あ、お願いします」

 

 

言うねえ!!!

数分後、新しい枕を持ってメガネナース登場。

メガネナース「私もイビキかくから」

 

気配りを忘れない姿勢に胸打たれました!

 

でも確かなことが一つあります。

 

 

 

枕の高さ、関係ない。

 

 

事実、5分してイビキが始まりました。

リメンバーパールハーバーならぬ、リメンバー”IBIKI”

実際はトルコ人しか働いてないのに、「トルコ人が活躍する職場です」ってバイト募集に書いてる事実表記です(バイト募集の闇を見ました)。

寄せては返すイビキに揉まれ、アルバイト求人原稿を考えていました。

 

好きだったな、アルバイト求人。

 

「午前3時」

みたびメガネナース登場。私の元にかけ寄ります。

 

メガネナース「 寝れそう?」

相馬「大丈夫です(ホントは大丈夫じゃないけど)。」

 

メガネナース「ごめんね、努力が足りなくて」

 

負けを認めた!!

 

 

でも気にしてくれるだけで十分です。(密告して良かったぁ・・・)

 

「午前4時」

すっかり目が覚めてしまったのですが、完全に諦め、次なる記事の構想を考えていました。

(ズビズヴォ、ズビズヴォ(※言語化困難)・・・

 

 

うるさい。

いうわけで、ナースボタンを押しました。

当然ツーカーのメガネナースが来るものだと、

いわゆるベンゾウさんタイプの男性看護師でした。

 

便宜上、受け持ちなんですが、あまり接点もなく、、、

 

ベンゾウ看護師「(小声で)イビキなの?」

「ホントに金の斧あるの?」みたいな感じですね。

ホントなんですよ~、ちゃんと証人もいますから!!

 

おおおおおおおーーーー!!

 

 

 

ちゃんと 大地讃頌 (=イビキ)してました。

ベッドでは「母なる大地」がこだましてます。

 

 

 

 

あれ!?

 

 

ベンゾウ看護師、「ふむふむ」と確認するやいなや、サーーーッと退散してしまいました。

 

 

 

 

 

待てーーーーー!!!

 

「結局結果は・・・」

 

6時になりました。

完全に就寝を乗り過ごし、今、ベッドで原稿を書いています。

 

 

渦中の患者さんはヘッドホンで優雅にテレビを見ておられます。

これから看護師を呼ぶのか、はたまた枕の高さを変えるのかは分かりません。

たかがイビキ、されどイビキ

 

眠れない夜が続きそうです。

 

 

後日談

 

外泊の帰り道、盃を交わしたメガネナースが!
なんか機嫌が良いので、ニヤニヤしながら気安く話しかけました。
相馬「イビキどうでした?」

メガネナース「(ややイライラして)イビキ?」

相馬「あの、騒がしい…」
メガネナース「いつ?」
相馬「? 昨日、ですね・・・」

メガネナース「ああ。(素っ気なく)多少したみたいよ(と、携帯の電話が鳴る)」

相馬「なるほど・・・」

メガネナース「(忙しそうに)何かあったらナースコールで。対応します!(と走り去る)」

 

 

 

行っちゃった・・・・・

 

どこか「その話題出すな」オーラがバンバンして、悪い意味での肩透かし食らった気分でした。

 

「努力が足りなくて」と言ったはずなのに……。

何があったの?もしや嫌われちゃった?

 

先が思いやられます(笑)