JetB株式会社

マドンナ理学療法士がやってきた【編集長 相馬杜宇のリハビリ日記 | 連載第3回目】

更新日:2017.05.24

マドンナ理学療法士がやってきた【編集長 相馬杜宇のリハビリ日記 | 連載第3回目】

更新日:2017.05.24

 

 

連載第3回目 | 編集長 相馬杜宇のリハビリ日記

この連載の趣旨

JetB株式会社のブログメディア「JetBPRESS」の編集長、相馬杜宇は平成28年12月18日に脳出血を発症し、現在リハビリ施設で復帰に向けて戦っています。この連載記事は、リハビリを兼ねて入院中の様々な事柄を記事にして、連載形式でまとめたものです。脳出血の後遺症には麻痺や高次脳機能障害などもあり、文章の一部内容はわかりづらい箇所もありますが、あえて訂正せずに掲載しております。ご理解のうえお読みいただければ幸いです。

ついにその日がやってきました! 

 

こんにちは、相馬です。

最近良いことがあったんです。

それは・・・?

「ホッピー」の単体キーワードだけで8位になりました!

 

 

 

 

あくまで5/17現在の話ですが、それまで「ホッピー 魅力」で上位にランクインされてたんですけど、ナント、「ホッピー」だけでトップテン入りを果たしました!これから色んな可能性が広がるだけに、夢が広がりますね~。

さて、いよいよその日がやってきました。
何かと言うと、、、?

女性の理学療法士がやってきます!

 

 

 

理学療法士(足のリハビリ)は年寄り、キャリア豊富な方ばかりで、特に異性を意識することはありませんでした。

ベテラン理学療法士が四日間お休みすることもあり、

 
ベテラン理学療法士「一人女の子つけるよ~」

と予告していました。
女の子って、なんかセラピストみたいじゃないですか(笑)?         
初な思春期を気取りつつ、担当は誰だろう?とあれこれ駆け巡ります。

そして、

誰から見ても「可愛いな」と思っていた方でした!

おのずとモチベーション上がりますね!
「女の子」と言っていたのは、こんなニュアンスがあったのか…

老婆心ながら、「こんな細腕で大丈夫か?」と思っていました

そして本番1時間前。

びっちりメンテナンスに明け暮れます。
太もも伸ばしたり、膝広げてみたり。
足という足をパキパキに伸ばしまくり、

いざ理学療法室へ

 

ドキドキ…

高まる鼓動。波打つ脈動。

入口には早くも女性がスタンバってくれてます。
私に気づくと、ゆっくりと私に近づいてきました。

「○○○さん、ですか……?」

何か初対面のお見合いみたいですね。

「今日代わりの~です、よろしくお願いします」
「よろしくお願いします!!」
力みすぎ?

そろそろとリハビリ室に移動。
今さらながら、

 

かわゆい!

マドンナだ!

 

 

ベッドに到着し、車椅子から乗り移ることに。
任せてください。これはいつもやっています。馴れたものです。担当の先生から「板についてきたね」と褒められましたし。
フットレストを外し、両足を揃え、得意気に立ち上がります。

その時、

ガクガクガク

震えだしました!

 

マドンナ「いつも震えるんですか?」
相馬「あ、いや…、そんなに……」

言葉濁しすぎ(笑)
理学療法士の女性「発症はいつですか?」 

いやいやいや、滅多に震えたことありませんし!
その証拠に代理担当のTさんはほとんど震えてなかったですし!!

取りあえず一昨日と答えておきました。

 

と書いていて,

発症=倒れたのがいつかを聞かれた気がします。

やってしまいました…。

 

 

 

マドンナ「(装具を履かせようとして)(上目遣いで)これ、ちょっと大きすぎませんか?」

いつも27センチでした。

ごめんなさい、震えが酷すぎてそれどころじゃありません(あ、脳出血の持病の一つに足の震えがあります)。

 

 

 

 

はっ!!!

 

その時でした。

 

ブログじゃ分かりづらいかもしれませんが、ベッドで横になっていた膝を立て、私の顔が一気に近づいてきました!

マドンナ「はい、ももあげー。いち、に、いち、に、いち、に…」

ナント、超至近距離でもも上げしろと言うわけです!

ちなみに、図にするとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

セクシーーーーー!!!!!

全筋肉を駆使して、もも上げしたことをここで告白します。

でも辱しめに耐えきれず、思わずニヤニヤしてしまいます。

や、やめて、それ以上近づかないで!!近づくと…うう、近づくとぉ…

マドンナ「なにそんな笑ってるんですか?」

気づかれた!!!

慌てて隣の患者さんがイビキがうるさかったことを語ります。
お、ウケてる!よし、掴みは上々!!

マドンナ「(Tシャツを見て)それゆけ安全マン?」

相馬「(得意げに)イベントで作った物販Tシャツなんですよ~。(何を隠そう)本職は脚本家でして」
マドンナ「そうなんですか。」

素っ気ない……

マドンナ「じゃあ○○を○○して…

ん?なに?

マドンナ「(ふくらはぎを押さえてスタンバイする)じゃあお願いします」

やべ、聞きそびれた…ええい、テキトーにやっちゃえ!!

 

 

 

マドンナ「いいですねえ!」

まあね!!!(ドヤ)

 

いよいよ起き上がりタイムがやってまいりました。歩行訓練はもうすぐです!
歩いてしまえばこっちのものだ!

 

が、

 

 

起き上がるとガクガク震えが・・・

 

マドンナ「いっつもこうなんですか?」

違うんです、震えてないんです、全然!

信じないかもしれないですけど、T先生は、

 

 

 

 

 

はっ!!!!

 

マドンナ顔が曇った!

大丈夫かと一瞬心配になってる!なんとかせねば!笑顔取り戻さねば!
四点杖も(ちょっと高すぎるけど)見せて、安心させなければ!!行けーー!!!

 

 

あーーーーー

 

 

マドンナさん、サポートが強すぎます!
サポートが強すぎて、これじゃどうやって杖を付いたら良いのか分かりません!

もっとソフトにサポートしてほしかった・・・・

命からがら、何とか目的地にたどり着きました。
装具着けても、左足を持ち上げても、ガクガクは止まりません(私は全然大丈夫なんですが)。

取り返しのつかないことをしてしまいました……。

 

マドンナ「(見るからに顔が曇っている)難しいですね……」

完全に負のスパイラルに陥ってます。
そう言えば、ベテラン理学療法士が言っていました

担当の先生「色気出すと駄目。絶対に良くならない」

と…。

 

色気、恐るべし…

2回目の歩行訓練は何とか持ち直し、褒めてくれるんじゃないかと期待しましたが、「またお願いしますね」とそそくさと立ち去ってしまい、散々です。

顔死んでますし!!

私のせいで上手く導けなかったと凹んでるんじゃないでしょうか?

違うんです!色気出しすぎただけなんです!

やはり邪な態度は出すもんじゃないと今日反省した次第です。

 

しかしマドンナ先生、可愛かったなぁ。。。

 

 

連載バックナンバー

第1回: イビキとその後【編集長 相馬杜宇のリハビリ日記 | 連載第1回目】

第2回:必殺!便秘解消法【編集長 相馬杜宇のリハビリ日記 | 連載第2回目】