JetB株式会社

どちらを選ぶ?オンプレミスとクラウドサービス

更新日:2017.06.18

どちらを選ぶ?オンプレミスとクラウドサービス

更新日:2017.06.18

 

どちらを選ぶ?オンプレミスとクラウドサービス

 

この記事を読むための時間:3分

 

オンプレミスとは自社運用、社内設置を意味します。自社内にコンピューター機器やインフラを設置し、最適なソフトウェアシステムを構築して運用する従来型の形態です。近年クラウド技術の開発が飛躍的に進み、提供される複数のシステムの中から最も良いサービスを選ぶ時代になりました。これをオンデマンド(即時性、柔軟性を備えたサービス)と表現するようになったことから、その対義語として使われています。

 

オンプレミスのメリットとデメリットは?

 

クラウドサービスと比べると、オンプレミスでは初期費用が高くなりやすいという問題があります。運用まで時間がかかるのが一般的で、メンテナンスや管理体制も必要になってきます。しかし自社に最適なシステムを構築でき、随時カスタマイズが可能であることはメリットと言えるでしょう。最大のメリットはセキュリティ問題です。自社内の閉鎖したネットワーク環境内だけで情報管理ができるため、高いセキュリティを実現できます。セキュリティ問題を重視する企業では、オンプレミスを利用するケースが今も少なくありません。またクラウドサービスでは利用人数が増えるに従って費用が高くなるため、社員数の多い企業ではオンプレミスのほうがランニングコストを抑えることが出来るのです。

 

 

クラウドサービスのメリットとは

 

オンプレミスと比較されることの多いクラウドサービスは、中小企業が便利なコンピューターシステムを手軽に使えるようにした画期的な技術です。オンデマンドと言われるように即時性があり、初期費用を大幅に抑えることが可能です。物理的な機器の設置が不要で、アップデートなどのメンテナンスを行う必要もありません。これまで問題視されてきたセキュリティ問題についてもVPN(バーチャルプライベートネットワーク)の技術によって、解消されてきています。VPNにはインターネットVPNの他にIP-VPNがあり、キャリアと呼ばれる通信事業者の閉じたネットワーク網を利用するため気密性や通信品質に優れています。クラウドサービスの成長は著しく、従来オンプレミスの基軸となってきた大手ITベンターは、オンプレミスとクラウドのハイブリッドなど新しいサービスの提供について模索を始めていますが、今後の受注減は必至と考えられており今後の動向から目が離せません。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社