JetB株式会社

「バズマーケティング」とは

更新日:2017.06.15

「バズマーケティング」とは

更新日:2017.06.15

 

「バズマーケティング」とは

 

この記事を読むための時間:3分

 

WEBマーケティング用語「バズマーケティング」について分かりやすく説明します。カタカナ語だと苦手意識も芽生えがちですが、意味が分かれば難しいことはありません。3分間で「バズマーケティング」について理解してみましょう。

 

WEBマーケティング用語「バズマーケティング」とは?

 

WEBマーケティング用語「バズマーケティング」とはどういう意味をもつのでしょうか。マーケティング、とは商品など販売するものの宣伝過程などを指しますが、「バズマーケティング」のバズ(buzz)には、英語で『蜂がぶんぶん飛んでいる音』『蜂の羽音』という意味があります。「バズマーケティング」というマーケティング用語には、商品に対する人々の口コミで宣伝する、という意味を持っています。口から口へと商品を伝えていく様子を、蜂の羽音、ぶんぶんという音に見立てて「バズマーケティング」というのです。

 

「バズマーケティング」詳しくいうとどんな感じ?

 

WEBマーケティング用語「バズマーケティング」とは詳しくいうとどのような宣伝方法なのでしょうか。商品やサービスに関する感想や、効果など、実際に人々の口で伝えていくのは限界がありますが、インターネットが普及したいま、口コミは驚くほどの宣伝効果を生み出す場合があります。この「バズマーケティング」を上手く活用できれば、商品の売れ行きや関心度はどんどん高まっていくかもしれません。

 

「バズマーケティング」の一例を紹介してみましょう。

 

近年では、多くの企業が4月1日、エイプリルフールにたくさんの嘘として偽の商品などを発表しています。それを公式サイトなどで見た人は、面白い企業だな、としか思わないかもしれませんが、それを見た人がSNSなどで拡散し、それをもっと多くの人が見て、公式サイトなどを訪れればそれだけで公式サイトの閲覧数が倍以上に増えることもあります。これが「バズマーケティング」になるのです。これ以外にもたくさんの企業がエイプリルフールなど季節のイベントに参加し、それがSNSにあげられています。「バズマーケティング」を活用する術を身につければ、大手企業と変わらない宣伝効果を期待することも可能かもしれません。

 

 

「バイラルマーケティング」との違いは?

 

近接したWEBマーケティングにバイラルマーケティングというものがあります。バイラルマーケティングもバズマーケティングと同様に、拡散性を狙ったマーケティング手法です。意味はほとんど同じですが、ニュアンスが違うため使い分けがなされています。バイラルマーケティングは主に直接企業の売上や知名度アップに結びつくような話題性の提供だと言うことができます。対してバズマーケティングは、売上への直接の影響よりもとにかく話題性の最大化を重視したものだと言えます。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社