JetB株式会社

MEOとは何か?その活用方法も紹介します!

更新日:2017.07.14

MEOとは何か?その活用方法も紹介します!

更新日:2017.07.14

 

MEOとは何か?その活用方法も紹介します!

 

この記事を読むための時間:3分

 

MEOという言葉は飲食店を経営している人にとっては身近な言葉ですが、一般的にはあまり知られていない言葉です。MEOとは「Map Engine Optimization」の略称であり、「マップエンジン最適化」と訳されることが多いです。

 

マップ検索で上位に来るようになります

 

MEOはGoogle検索をするときにマップ上で自社(お店)の情報が検索結果が上位に来るようにするためのものです。たとえば、カフェを調べるときに「カフェ+地域名」でGoogleマップで検索するとさまざまなカフェが検索結果として表示されます。しかしながら、地域を限定してもカフェの店舗数は非常に多いため、自身が経営しているカフェが必ずしも上位に来るわけではありません。そのような中で店が検索結果において上位に表示されるようになると集客に直接的に結びつきます。それを可能にするのがMEOの役割です。

 

SEOとの違いはGoogleマップ限定であること

 

MEOと同じようなものとしてSEOがあります。SEOとは検索エンジンを利用したときに検索結果において上位表示させるためのツールです。MEOはこのGoogleマップ版と考えるとわかりやすいです。検索エンジンとマップに違いがあります。近年はマップ検索でお店を探す人が多いので、集客で伸び悩んでいる飲食店経営者の多くが採用しています。利用するにはGoogleマイビジネスに登録すればいいだけです。登録料は無料です。ここに店舗情報を記入して登録しておくと検索結果に表示されるようになります。

 

検索結果で上位表示させる方法

 

注意するべき点もあります。それはMEOを利用してもすぐに検索結果で上位にくるというわけではないということです。Googleマップで検索結果に表示されるようになりますが、上位に表示されるようになるためには、ネット上で口コミとレビュー数を増やすことです。店舗の利用者に高い評価を得るためには普段からのサービスの質を高めることが重要です。あるいは特定のサイトでレビューを書けばクーポンをプレゼントするなど利用者にネットでレビューや口コミを書いてもらう企業努力をすれば上位表示が期待できます。

 

 

マップ検索結果が通常検索結果に表示されることも

 

MEOの手法を使って上位表示させた自社(お店)の情報が、マップ検索でない通常検索の結果に表示されることもあります。当然ですが、通常検索の結果に表示された場合、高い集客効果が期待できます。マップ検索が通常検索に表示されるのは、位置情報を利用した検索をするシチュエーションです。最近、Googleはヴェニスアップデートと呼ばれる検索結果を位置情報に合わせて変える仕組みを採用しています。例えば、「カフェ」と検索すると位置情報から近くにあるカフェを表示してくれるような仕組みです。そのような場合、マップ上での情報がそのまま通常検索結果に出てきますが、表示件数は最大3件です。そのことから、近くの地域の競合店の中でマップ検索での順位が3位以内にランクインすると、さらなる集客効果が期待できるのです。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社