JetB株式会社

【2019年最新版】STORES.jpとBASEの違いを比較!どっちを選ぶ?!~7月10日料金改定~

 

BASEとSTORES.jpを比較した場合、どっちの無料ショッピングカートを利用すべきか悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回、BASE(ベイス)とSTORES.jp(ストアーズ)の違いを料金を中心に徹底的に比較していきたいと思います。

 

BASEとは

 

引用:https://thebase.in/

BASE(ベイス)は初心者の方でも無料かつ簡単に、わずか30秒でネットショップを作成できるサービスです。
運営会社はBASE株式会社(BASE, Inc.)で、出店店舗数は70万店舗以上(2019年7月現在)となっており、個人事業主から中小企業まで数多くの業者が出店をしています。
無料のスマートフォンアプリも普及しているので、手軽に商品を販売することが可能です。

 

BASE公式サイト:https://thebase.in/
最近テレビのCMでSMAPの香取慎吾さんが出演されているので、かなり知名度も上がってきていますね。

 

STORES.jpとは

 

引用:https://stores.jp/

 

STORES.jp(ストアーズ)もBASEのように月額使用料は無料で簡単にネットショップを始められるサービスです。

こちらは最短2分で作れるとの記載がありますので、BASEと比較すると若干時間がかかるようです。

またBASEに比べて出店店舗数は少なめですが、様々なデザインテンプレートがあり、手軽におしゃれなショッピングページを作ることができます。

見た目がBASEと似ている!違いがわからない!という方も多いかもしれませんが、実際に比較してみると料金体系やシステムが結構違います。

 

BASEとSTORES.jpの料金を比較!【2019年7月現在】

 

月額料金について

 

BASEとSTORES.jpを比較すると、まず料金プランが違います。

BASEはなんと登録費用、月額利用料が無料
一方、STORES.jpも登録費用、月額利用料が無料

どちらも無料ならどっちでもいいのでは?と思うかもしれませんが、商品登録可能数が違います。

BASEは商品登録数が無制限なのに対して、STORES.jpにはフリープラン(無料プラン)とプレミアムプラン(有料プラン)があり、フリープランの場合はなんと、商品登録可能数が”5点まで”となっております。

売る商品が少ない方以外はほとんどの方がSTORES.jpの5点では足りないと思われるはずです。

ですが、2019年4月1日からは、フリープランでも商品登録可能数が無制限に変更になりました!

では、一体どちらを選べばいいのでしょうか…。

 

手数料について

 

実はネットで商品を販売するにあたって必要な費用がもう一つあります、それはシステム手数料です。

商品が売れた際に支払う手数料には大きく分けるとサービス利用料(販売手数料)と決済手数料があります。
・サービス手数料とは、商品が売れた時に発生する手数料です。
・決済手数料とは、商品をクレジットカード等で決済をする際に発生する手数料です。銀行振込の場合はかかりません。

もちろん各社はボランティアで無料ショッピングカートを提供しているわけではなくて、このような手数料を支払って頂いて成り立っているのですね。

ではBASEとSTORES.jpの手数料を比較して見てみましょう。

BASEの場合、サービス利用料が3%。決済手数料は3.6%+40円。
STORES.jpの場合、サービス利用料は無し。決済手数料は5%。

つまりBASEの手数料の合計6.6%に対して、STORES.jpの手数料は5%ということで、STORES.jpのほうがお得。
1.6%と僅かな差に思えるかもしれませんが月間売上100万円且つ客単価4000円だった場合、26000円も変わってきます。これは大きいですね。

そして更に…

 

STORES.jpの新料金プランが誕生しました【2019年7月10日~】

 

業界激震の新プランがこの度発表になりました。
サービス開始7周年を迎え、2019年7月10日から無料プランと有料プラン共に機能が大幅にアップデートされたようです。

以下に新プランの詳細をまとめました。

 

1.有料プランでしか使えなかった20種類以上の機能がフリープランでも利用可能になった

 

・デザインテンプレート数の増加

まずは重要な見た目の部分ですが、従来30種類だったストアのデザインテンプレート数が増加し48種類の中から選択できるようになりました。
これによりカスタマイズ性も向上し、様々なデザインで表現することが可能になりました。自社商品やオリジナルブランドを販売される方には嬉しいアップデートです。

 

・アイテム登録画像数の増加

フリープランの場合は1商品あたりの画像登録数には上限があり、従来は4枚までしか登録できませんでしたが、今後は15枚まで登録可能になります。

その他、有料プランのみで利用が可能だった下記のアドオンが、フリープランでも利用可能になりました。
細かいカスタマイズをしている方も多いので、これは非常に嬉しいアップデートです。

 

・予約販売

予約販売は、これから新しく入荷する予定の商品やオーダーメイド商品等の注文が受けられるようになる機能です。

 

・まとめ販売

まとめ販売は、顧客が複数の商品をまとめて購入する場合に、同時購入の割引をすることができる機能です。
2点同時購入で◯◯円引きセール!などの販売方法が可能となります。

 

・再入荷お知らせ

再入荷のお知らせは、現在ソールドアウトになっている商品が再入荷もしくは販売可能になった際に、顧客に「完売していた商品が再入荷されました」と通知を送ることができる機能です。

 

・クーポン

クーポンは、商品購入の際に顧客が利用ができる値引きクーポンや送料無料クーポンを登録することができます。

利用回数や発行枚数、利用条件や有効期限まで設定することが可能。

 

・シール

シールは、商品一覧画面の左上に丸いボタンで文字の画像シールをつけることができる機能です。

特におすすめ商品や人気売れ筋商品、セール商品などを表示することによって購入率アップが見込めます。

 

・ニュース

ニュースは、お店のNEWS情報、新商品の入荷情報やセール情報などをブログ感覚で登録していける機能です。
写真や購入誘導ボタンも設置できるので頻繁に更新していきましょう。

 

・告知ボード

告知ボードは、ストアを初めて訪問した顧客に向けてウェルカムメッセージ等の情報を表示することができる機能です。

 

・シークレット

シークレットは、事前にパスワードを通知したある特定のユーザーのみがアクセスできる隠しページをつくることができる機能です。

 

・年齢制限

年齢制限は、ショップに入る際に年齢確認を設けられる機能です。

これにより、成人向け商品を未成年が購入することを禁止することが可能となります。

 

・販売期間設定

販売期間設定は、商品ごとに販売開始日と販売終了日を設定することができる機能です。

期間限定セールなどを開催する場合はとても役に立ちます。

 

・購入個数制限

購入個数制限は、販売可能数を設定ができるようになる機能です。

おひとり様1会計につき◯◯個まで、というような販売方法が可能です。

 

・レビュー

レビューは、名前の通り購入者のレビューを表示することができる機能です。

 

・FAQ

FAQは、よくあるご質問や注意事項をFAQとして表示することができる機能です。

 

・オーダーCSV出力

オーダーCSV出力は、商品点数が多い場合にCSVファイルで出力し、商品管理や別サイトへの登録に活用ができる機能です。

 

・納品書PDF出力

納品書PDF出力は、納品書を簡単にPDFファイルに出力をして作成することができる機能です。

 

・ギフトフォーム

ギフトフォームは、購入者が登録した住所とは別の住所へ商品を発送できるようにする機能です。

プレゼントやお祝い商品を購入する場合に便利な設定です。

 

・Google Analytics連携

Google Analytics連携は、Googleが提供しているアナリティクスの解析ツールと連携させることができる機能です。

訪問者数以外にも滞在時間など詳細なアクセス解析が可能になる機能です。

 

2.有料プランの決済手数料が大幅に下がった。

 

有料プラン名が”プレミアムプラン”から”スタンダードプラン”に変わり、今まで5%だった決済手数料が3.6%へと大幅に下がりました。
これは大手GMOグループが運営する有料ショッピングカートのカラーミーショップやMakeshopのクレジットカード手数料と同じです。

デメリットとして月額利用料が980円から1980円に上がりましたが、月々の売上が20万円以上のショップの場合はフリープランよりも安い計算になります。
売上を多く出せているユーザーにとってはかなりのコスト削減に繋がります。

 

まとめ

 

結論から申しますと、無料でネットショップを開設するのであればBASEも優れておりますが、STORES.jp非常におすすめです。

今回は無料のBASEやSTORES.jpを中心にご紹介させていただきましたが、他にも様々なショッピングカートがあります。

弊社ではお客様のご状況に合わせたショッピングカートのご提案をさせていただいておりますので、お悩みの際は是非ともお問い合わせ下さい。

 


関連記事Related article