JetB株式会社

必ずわかる!そもそもHTMLとは何なのか?

更新日:2017.06.24

必ずわかる!そもそもHTMLとは何なのか?

更新日:2017.06.24

 

必ずわかる!そもそもHTMLとは何なのか?

 

この記事を読むための時間:3分

 

HTML?CSS?何が違うの?

 

HTMLはホームページを記述する時に使う言語です。ページをブラウザで表示させるには、コンピュータに分かる言語で記述する必要があるのです。標準化された仕様が決められており、このルールに沿って記述することで殆どのブラウザで共通の解釈と表示をさせることが可能です。HTML言語には、ページの構造を記述するものと見栄えに関わるものがあります。近年、HTMLは主に構造部分を記述するものとし、見栄えに関する部分はCSS(カスケーディングスタイルシート)に分離して記述すべきとする考え方が主流になってきています。

 

HTMLの重要な概念「タグ」とは?

 

HTMLは独特の入れ子構造になっており、タグと呼ばれる独特の文字列が使われます。ページがHTML文書であることを宣言するため、最初に<html>というタグが書かれ、ページの終わりを明らかにする目的で、最後は</html>というタグで閉じます。つまり<html>と</html>によって囲まれた部分がHTML文書だよ、と宣言することになるのです。このように全てのタグはペアになっています。(注意!「/」は便宜上全角になっていますが本来は半角で記述します。)

 

一般的なWEBサイトのタグ構造

 

ページ内は大きくヘッダ部分と本体(ボディ)部分に分かれています。それぞれ<head></head>と<body></body>のタグで挟み込んで構造を明確化します。ページタイトルを付ける場合はヘッダ部分の入れ子の中に<title>と</title>というタグを使って記述します。この2つのタグに囲まれた部分にタイトルを書くのです。HTMLとは、というタイトルを付けたいのであれば「<title>HTMLとは</title>」のように記述しましょう。

 

 

HTMLのアップロード

 

HTMLで記述した文書は、サーバー内の特定のファイルにアップロードすることでインターネット上で閲覧することが出来るようになります。通常、ファイル転送ソフトなどを使ってアップロードします。ブログなどのようにブラウザ式のインターフェースで簡単にアップロードする方法も普及しています。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社