JetB株式会社

オーガニック検索(自然検索)ってなに!?

更新日:2017.07.26

オーガニック検索(自然検索)ってなに!?

更新日:2017.07.26

 

オーガニック検索(自然検索)ってなに!?

 

この記事を読むための時間:3分

 

最近、オーガニック検索や自然検索というキーワードを聞くようになりました。「オーガニック」と「検索」のそれぞれだと何となく意味はわかりますね。では、WEBマーケティング用語としてのオーガニック検索とはどういう意味でどのように使われているのでしょうか。

 

オーガニック検索(自然検索)とは?

 

結論から言いますと、オーガニック検索とは検索エンジン(GoogleやYahoo検索)で広告枠を除いた検索結果の部分です。オーガニック(=有機的な、添加物のない) + 検索で広告などの余分なものを除いた部分をオーガニック検索というのです。自然検索とも言われる理由がなんとなく頷けますね。というのも、GoogleやYahooで何かキーワードを検索すると必ず、最初の段落とページ下部に広告が入ることに気がつきます。この広告枠以外の部分がオーガニック検索になります。稀に「ナチュラル検索」と呼ぶこともあります。では、このオーガニック検索は、WEBマーケティングの分野においてどのように使われているのでしょうか。

 

WEBマーケティングにおけるオーガニック検索

 

WEBマーケティングを考える際、最も重要と言って良いのが、表示される順番ですね。例えば、検索エンジンの代表格であるGoogle検索について考えてみましょう。Google検索において広告部分が表示される順序は、入札単価によって左右されます。要するに、お金を使えばGoogle検索の広告を上位に表示させることができるということです。

 

 

SEO=オーガニック検索での上位表示

 

オーガニック検索の表示結果は、広告とは別のアルゴリズムによって決定されます。お金を投資するのではなく、ユーザーにとって有益で関心が持てるコンテンツや適切なSEO(サーチエンジン最適化)を施したコンテンツがオーガニック検索において上位に表示されるということです。

オーガニック検索で上位に表示されるということは、サイトへのアクセス増加につながりますね。

そのため、有益なコンテンツ作成は広告に頼らないアクセス対策だということができます。

 

覚えておきたいポイント

 

まとめると、オーガニック検索とは、検索エンジンにおいて広告を排除した部分のこと。オーガニック検索で上位に表示されるためには、コンテンツの充実化やSEOが重要になってくる。(お金ではない。)

 

最後に、Google Analyticsを使えば、オーガニック検索からのアクセス流入を確認することができます。要は、どんなキーワードでユーザーがサイトを訪れたかを確認することができるのです。Google Analyticsで左のメニューの「トラフィック」→「検索」→「オーガニック検索」を選択します。

 

するとオーガニック検索のキーワードが一覧で見ることができます。

ぜひ試してみください。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社