JetB株式会社

ドメイン年齢とは何か?

更新日:2017.07.08

ドメイン年齢とは何か?

更新日:2017.07.08

 

ドメイン年齢とは何か?

 

この記事を読むための時間:3分

 

ドメイン年齢とは別名でドメインエイジとよばれることもある概念であり、この年齢が高いほどSEOにおいて有利になります。サイト運営をしている人にとってはとても馴染み深い言葉ですが、多くの人にとっては聞き慣れない言葉です。SEOの概念にも触れながら紹介していきます。

 

ドメイン年齢とは?

 

ドメイン年齢とは、ドメインを取得して検索エンジンにインデックスされてから経過した期間のことです。サイトを開設してからカウントされます。一般的にはドメイン年齢が長い方がSEOにおいて有利です。SEOとは検索エンジンを利用したときにその登録情報が検索結果に表示されるようになるための最適化です。当然ながら検索エンジンから信頼されているサイトほど上位に表示されるようになります。ドメイン年齢が長ければ長いほど信頼性がドメイン年齢が短いサイトよりも高いことが一般的なので、SEOにおいて有利です。

 

検索結果の順位はあくまでもコンテンツとリンクで決定します

 

ドメイン年齢について誤解されやすい点があります。それはドメイン年齢で検索結果の順位が決定されるというわけではないということです。ドメイン年齢が短くても評価が高いサイトは検索順位が上位になる傾向があるのです。その理由としては、検索順位というものはサイトのリンクとコンテンツで決定されるものだからです。もちろん、一般的にはサイトを開設して長く運営しているものは有利になりやすいです。サイト開設してから1年程度のサイトと開設してから10年以上経過しているサイトを比較すると、ドメイン年齢に大きな差があるので、SEOにおいても明瞭な差が出やすいです。

 

ドメイン年齢はインデックスされた時からカウントされます

 

ドメイン年齢はサイトを開設した日がドメイン年齢の開始日というわけでもありません。ドメイン年齢はサイトに対するものではなく、あくまでも検索エンジンに対する概念です。そのため、たとえばGoogleで最初にドメインが発見された時、つまりインデックスされた時からドメイン年齢のカウントがされます。ちなみに、サイト管理者が放棄したサイトであってもドメイン年齢は古くなっていき、SEOにおいて有利になりやすいことには変わりありません。実際に運営しているかどうかは関係ないということです。

 

 

中古ドメイン売買には注意が必要

 

このドメイン年齢のSEO効果を得るために、中古ドメインを売買することがあります。ネットで「中古ドメイン」などと検索すると、販売サイトが多数ヒットすると思います。高いものだと数十万円するドメインもあり、SEO効果を得るためなら買い取っても良いかなと思う方もいるかも知れません。しかし、中古ドメインの買取は絶対にオススメできません。理由は明快で、中古ドメインの中には既にペナルティが課されているドメインがかなり含まれており、逆効果になる可能性があるからです。うまい話はありません。ドメイン年齢をあげるてSEO効果を伸ばすためには、自分で取得したドメインを根気よく育てていくしかないのです。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社