JetB株式会社

インターネットのドメインネームのひとつ・サブドメインとは?

更新日:2017.06.26

インターネットのドメインネームのひとつ・サブドメインとは?

更新日:2017.06.26

 

ドメインネームのひとつ・サブドメインとは?

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

 

インターネット上で住所表示として利用されているドメインにはいくつかの種類があり、階層構造になっています。その中のひとつとしてトップドメインの相対的な呼称で呼ばれているものがサブドメインです。今回はサブドメインがどのようなものなのか、メリットやデメリットも合わせて紹介します。

 

サブドメインとは

 

サブドメインはすでに説明したように、トップドメインと呼ばれているメインのドメインの相対的な呼び名として使用されているドメインを指します。メインドメインなどの独自のドメインを細かく区分するために任意で設定できるようになっていて、主にポータルサイトやECモールなどで設定されています。

 

同じくドメインを区分するために利用されているサブディレクトリとの違いとしては、サブドメインの場合メインサイト内での個別WEBサイトの作成に利用されるのに対して、サブディレクトリの場合はメインサイトの下層ページと同じように扱われています。

 

サブドメインのメリット

 

サブドメインのメリットはいくつかあり、「簡単に取得できる」「負荷分散しやすい」「アクセス解析がしやすい」などの点が挙げられています。簡単に取得できるのは主に、ASPサービスなどで、独自ドメインを取得せずともASP本体のサブドメインを割り当てられるので、自分でドメイン契約する必要がない場合を前提としています。

サブディレクトリと比較した場合でも、サブディレクトリは全てメインドメインと同一にみなされているのでポータルサイトで検索した場合に表示される数が制限されていますが、サブドメインの場合は全て別のドメインと認識されます。そのため検索した際に表示される数に条件がないので、上位表示されることも場合によってはあります。

 

 

サブドメインのデメリット

 

サブドメインのデメリットをは、上記で述べたメリットが全て裏返された結果がデメリットに反映されます。簡単に取得できるぶん、本格的なサイトの構築には向いてません。また、トップレベルドメインの評価を受け継げるために「トップドメインが廃止された際の影響を受けやすい」などのデメリットに繋がっています。ドメインを移転することも不可能です。またポータルサイトで検索した際にも、メインドメインとは別のドメインとみなされるのでメインドメインで受けられる恩恵を受けられなくなってしまう点も理解しておく必要があります。

 

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社