JetB株式会社

ポートフォリオ(ポートフォリオサイト)とはどういうものなのか

更新日:2017.06.25

ポートフォリオ(ポートフォリオサイト)とはどういうものなのか

更新日:2017.06.25

 

ポートフォリオ(ポートフォリオサイト)とはどういうものなのか

 

この記事を読むための時間:3分

 

ポートフォリオは書類を持ち運ぶための平らなケースのことを指します。又、意味からいうと自分の能力を周囲の人々に認めてもらうためにこれまでの自己の作品集をカバンに詰めて持って行き、それを元にプレゼンテーションを行ったりそのものを見てもらうところから来ているとされています。

 

ポートフォリオが必要な場合とは

 

就職や転職の際には自分を売り込むことが必要な機会が少なからずあります。そのような際にはこれまでに自分のやって来たことを伝える為に作品集を提示する場合も多くなってきています。特に写真家とかクリエーターなどの場合は言葉で面接を行ってもその人物を知ることのできる部分というものはほんの僅かなものに限られるものです。こういう場合に作品集を用意しておくと作品自身の価値判断とかができることも多いもので採用に結び付く可能性も高まります。分野によってその提示の仕方は様々であり、それに適した方法で行うことになります。

 

写真家の場合は

 

写真家の場合にはこれまでにコンテストで入賞経験がある場合にはある程度評価され一定の基準を判断するのに参考になりますが、それ以外の場合には判断基準として専門家の意見も必要となります。またこれまでに行った仕事内容となる作品集を揃えておくことで判断材料にもなるものです。最近はホームページを自分で持たなくてもポートフォリオ(ポートフォリオサイト)の作品をアップロードできるサイトもありますのでこういうサイトを利用して、URLを提示するという方法も取れるようになってきています。

 

 

 

クリエーターの場合は

 

WEBデザイナーやイラストレーターとかタイポグラファー、さらにはゲームクリエーターやCGアーチストのポートフォリオ(ポートフォリオサイト)の場合には作品の提示の仕方もそれぞれ変わってきます。イラストレーターの場合はこれまでに制作した作品集をドローソフトのデータや印刷媒体で保存しておいて提示することができますし、分野ごとのポートフォリオ(ポートフォリオサイト)もサイトを通して立ち上げられていますのでこれらを利用することができます。タイポグラフィーやロゴ、エンブレムマークであれば一旦印刷された過去の作品集を提示することになります。CGやアニメーションの場合にはタイトルやナレーション、効果やBGMも含んだトータルな形でファイルデータとして静止画や動画の形で表現されているものが分かりやすいと言われています。

 

 

コンテンツマーケティングに特化したサイト制作なら

JetB株式会社(ジェットビー)

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに最適化されたWEBサイトの制作を行なっています。商品や会社のブランディングイメージを強化するためのデザイン制作から、CMSの独自カスタマイズまでを一貫して提供します。HPの無料診断も行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

JetB株式会社