JetB株式会社

JetBお客さまインタビュー!第34弾 和方医学研究所株式会社村田様


動画インタビュー

うちはBtoBなのでネット販売は難しいと思っていました。今みたくポンポン売上が立つというのは前までは考えられなかったですね。

 

 

本編を再生する

 

 

 

健康食品や医薬品などの原材料を卸売する和方医学研究所様 

今まではBtoB(事業者間取引)メインで行っていたため、ネットでのビジネスは難しいと考えられていたようです。

そういったご状況の中で弊社のサイトをご導入頂いてどうなったか。

今回はサイト公開1年11ヶ月後のインタビューをお届けします。

 

 

インタビューアー:顧客マーケティング支援部 金井 (右)

 

 

 

金井

 

まず単刀直入にお伺いしますが、反響や売上の面での効果はいかがでしたか?

 

村田さま

 

三つありますね。
一つ目はサイトを持っているかどうかというのは信用面ですごく影響があって、ホームページを見て貰えば会社案内も作らなくていいし、伝えたい事は全部書いてあるので理解してもらえる事が出来るようになりました。

 

 

二つ目は短期的なビジネスですね。
僕らのやっているビジネスはAmazonとか(個人向けのネットショップと違って)この本が欲しい人がいるからすぐ売上が立つというビジネスではないんですね。

 

「こういった物が欲しいからまずサンプルを送ってくれ」

 

「サンプルがOKだったからまず1kg売ってくれ」

 

「1kg上手く行ったから今度は5kg売ってくれ」

 

「5kg上手く行ったから今度は100kg売ってくれ」

 

という風に(段階的に)伸びていく。

だからすぐ売れるかというとそこはすぐに売れない部分が多いです。
ところが、webからですね。問い合わせが来てご希望の商品があると伝えるとサンプルを送って、「OK」だねとなれば結構売れていく。数百万とかじゃないですよ?数十万とかですけど、ポンポン売上が立っていくというのはちょっと今までには考えられなかったですね。

 

 

三つ目は、
大手飲料メーカーとかお酒のメーカだとかですね。サプリメントを大々的にやってて、誰もが知っているような会社から今回のコロナの影響で在宅で仕事をする機会が増えて、ネットを見るわけですね。「こういう素材がないか」とか「こんなテーマないか」とか。そうするとブログで引っかかってきたりしてそこから問い合わせがあって「あ、こんな原料やってるんですか」とか「ちょっとサンプル見せてくれませんか」とかね。そういうのが来るようになりました。

 

 

金井

 

ご導入前はweb業界に不信感を抱かれていた部分もあったとか?

 

村田さま

 

結構大いに経験したのが作って終わり。それがとういう目的でやるだとか何に困っているとか聞かない。基本的に僕の営業スタイルが問題解決形なのですが、「どこにニーズがあるのか」というのを聞き出すことをしない。フンフンフンていう形で(適当に)作って「出来ましたよ」っておしまい。みたいな。こっちのニーズを聞き出せないまま出来上がっちゃうみたいなね。そういうことはありますね。

 

 

だから今回御社から提案があった時にそういう態度(そういう業者だと思っての態度)で話をしているから、多分佐々木さん(営業担当)は、「これは相当警戒してるね」という風に感じたと思いますね。

 

金井

 

その点に関して弊社のご対応はいかがでしたでしょうか。

 

村田さま

 

ヒアリング能力もさておきながら、ニーズを聞き出す能力が凄いと思いました。御社(JetB)は専門でやられているから結果を出すって言う事が一番主眼にあって、よくあるのが作る事に主眼があって、結果は関係ないっていう会社が結構あると思うんですよ。

 

 

陸上でもそうですけど、100メートル走るのが目的じゃなくて、最高記録を出そうとすると110メートルいるんだよね。結果を出すことに焦点を当ててるなぁっていうのは凄く感じたし、実際に御社(JetB)のお客さんのケースとかも見せて頂いて、アフターフォローっていうのをきちんとやられてるんだなぁっていうのをすごく感じました。

 

健康食品や医薬品に関する様々なキーワードで上位表示されている
和方医学研究所株式会社様のホームページ
 
 

金井

 

その点に関して弊社のご対応はいかがでしたでしょうか。

 

村田さま

 

印象は変わりましたよ。「あ、こういう会社もあるんだな」と思って。僕もずっと営業畑を歩いてきた人間で、コミュニケーションというのは一通り学んできたんですね。
コーチングだったり、海外とかアメリカでカンファンレンスに参加したり、カウンセリングも勉強したりとか。そういう、コミュニケーション専門で勉強してきた人間から見ても御社(JetB)のやり方というのが非常に合理的で、こちら(お客様)の立場に立って、理解して業務を進められる会社なんだなぁというのが一番大きいんじゃないんですかね。お客さんのどういうところにニーズがあって、どこに問題があるのかもしくは無ければもやんと(漠然と)している部分を明確にする能力も持たれているし、「そこに原因があったんだね」「じゃぁこれを解決するにはどうしたらいいんだろう」というのを明確にするところは凄いなと思いました。

 

 

金井

 

最後に過去の村田様のように不信感を抱かれている方へメッセージを送るとしたらどのような言葉になりますか?

 

村田さま

 

ただ、作るだけじゃなくて、会社の強みだとか、どう見せたらいいとか自分が描いてる事をカタチにしてくれるwebの会社もあるよっていうでしょうね。ただ作るだけじゃなくてね。そんなサービスをやってるところ僕はあまり知らないから。ビジネスで僕はそこを目指してますけど、僕以外であったことなくて。それが凄い嬉しかったですね。「あるんだなこういう会社」と思いました。嬉しかったです。価値観が会うのが。

 

 

和方漢方医学株式会社代表村田様
インタビューご協力ありがとうございました!


その他のインタビューOther interviews

一覧を見る